あっちーの日本酒日記

自分で実際に飲んだ日本酒の紹介と諸々

夏の日本酒

暑い夏はまずビール!

枝豆をつまみに、う~ん気分ですね!

 

さてビールに満足したら、次は何にします?

日本酒好きはやっぱり夏でも日本酒ですよね!

最近では夏向きの日本酒もたくさんあります。

 

今日、ご紹介する「トロピカル純米 酔夏」もそんな一本です。

冷やして呑むと、涼やかな辛さとキレまたトロピカルな味わい。

口当たりは優しく舌の上に爽快さが広がります。

 

f:id:asamaberry:20180626082603j:plain

東力士 トロピカル純米 酔夏   株式会社 島崎酒造

 

夏酒、いかがでしょうか。

 

暑いときは...

今週は暖かいというよりも暑い日が続いていますね。

日本酒の酒蔵では甑倒しも済んで、酒造りで忙しい日々からいくらか解放され

ているかもしれません。

 

私は暑くなってくると日本酒はあまり飲まなくなります。

ビールや発泡酒はいつでも飲むのですが、その次に飲むものが変わります。

それは”泡盛”です。個人的に沖縄が好きなことも影響しているのかもしれませんが、

ここ数年はそんな感じです。

 

          f:id:asamaberry:20180330092929j:plain

こちらの写真は まさひろ まさひろ酒造(旧 比嘉酒造)です。

私は栃木県在住ですが、最近は近所のスーパーでも泡盛が買えるようになりました。

まだ扱う銘柄は少ないですが、沖縄気分を味わうのには十分です。

泡盛は沖縄で造られていますが、たしか46酒造所あったと思います。

きいやま商店”の「盛り泡ろう」という曲で全部言ってたような...

結構たくさんありますね。

 

泡盛も蔵や銘柄で味が全然違います。

泡盛の飲み比べも沖縄旅行の楽しみの一つです。

あり、乾杯!

 

まさひろ酒造株式会社 沖縄県糸満市

まさひろ酒造 島唄黒パック 30度 1800ml  [沖縄県]

まさひろ酒造 島唄黒パック 30度 1800ml [沖縄県]

 

 

 

 

たまには”どぶろく”はいかが?

たまには”どぶろく”はいかがでしょう。

醪の状態のまま飲むので米の粒々感があり、種類によっては飲むというより

食べるというようなものもあります。

火入れしていないものは、瓶の中でも発酵しているのでガスでパンパン。

栓を開けるときに注意が必要です。

↓ こちらのどぶろく奈良県にある千代酒造のものです。

篠峯と聞いてお分かりになる方もいらっしゃるでしょう。

この酒蔵でもどぶろくを造っています。

写真でもわかると思いますが、栓を開けるとずっとプツプツを泡が出てきます。

基本的に甘口で、飲み口がいいのでスイスイいってしまいます。

 

       f:id:asamaberry:20180322201443j:plain

       どぶろく 千代酒造

       奈良県御所市

 

そのかわり注意が必要。飲みすぎると腰が抜けます。

私も一度経験がありますが、ただ飲みすぎてべろんべろんになるだけでなく、

本当に立てなくなります。

でも止められないんですね、これが!

毎年、冬の楽しみの一つがその年にできたばかりのどぶろくです。

ぜひお試しあれ。

くれぐれも栓を開けるときはご注意を!

 

 

 

群馬県といえば赤城山から吹き下ろす”からっ風”が有名ですが、そのからっ風を

名前に使用した日本酒がこちら ↓

 

      f:id:asamaberry:20180321143757j:plain

      浅間山 純米吟醸 からっかぜ VENTO SECO 720ml
      浅間酒造 群馬県吾妻郡長野原町

 

”VENTO SECO”というのはポルトガル語で”からっ風”のことを意味するらしい。

群馬県とブラジルのサンパウロ州姉妹都市みたいです。


グレープフルーツを思わせる柑橘系の香りがあり、飲み込んだ後にスパッとキレます。

からっ風のごとくシャープな印象。キレがいいので食中酒としてピッタリです。

 

 群馬の酒蔵はあまり知らなかったのですが、町田酒造や龍神酒造など人気の酒蔵も

あり、最近はよく目にするようになりました。

 

 浅間酒造はどちらかというと観光センターのイメージが強く、草津温泉の帰りに

お土産を買って帰る思い出しかなかったのですが........美味しいお酒も造っていたの

ですね。

 

 日本酒が好きになってから、旅行の際は地酒を探すようになりました。

これも一つの楽しみです。

旅行に行くときは美味しい地酒を見逃すことのないよう予習が必須です。

 

 

日本酒にのめりこむきっかけとなったお酒

皆さんは最初から日本酒が好きでしたか?

 

私はあまり好きではありませんでした。

飲み会などでも日本酒を飲むことはほとんどなかったです。

それまで飲んだことのある日本酒は正月にお燗して飲むようなお酒、

一升瓶で中に金箔が入っていたりするようなやつだったり、飲み会で飲み放題

で出てくるようないわゆる普通酒の中でも安いやつばかりだったように思います。

 

日本酒の見方が変わったのは、鳳凰美田を一度口にしてからでした。

年末に実家に帰省する際、元日に父親と飲むために買って持っていったのですが

そのとき、これが日本酒かと思ったことを今でも覚えています。

それから20年近く経ちましたが、今ではいろいろな酒蔵のお酒を飲むことが

楽しみになりました。私は栃木に在住していますが、栃木にも酒蔵はたくさん

あります。

 

f:id:asamaberry:20180320110818j:plain

鳳凰美田 初しぼり純米吟醸酒

小林酒造 栃木県小山市

 

この鳳凰美田を醸す小林酒造は県南の小山市にありますが、県北や県東にも

たくさん酒蔵があり、地域によっても特徴があって飲み比べてみるのも

またおもしろいものです。

 

私が日本酒にはまるきっかけとなった鳳凰美田

最近は雑誌やインスタグラムなどでも度々見かけるようになり、栃木県在住の

私としてはとてもうれしい気分になります。

栃木のお酒、美味しいですよ~!よろしく~!

勝手に応援しています。

 

 

 

たまには甘酒でもいかが?

最近、飲む点滴とか言って流行っている甘酒ですが、スーパーにもいろいろと

置かれるようになり、とても身近になった気がします。

私は買ってくるよりも、自分で作ってたまに飲みます。麹と米で作るタイプと

酒粕から作るタイプ。麹と米で作る方が時間がかかりますが、とてもナチュラルで

素朴な味わいになるのでとても体に良い気がします。

それはそれで良いのですが、日本酒好きな私は酒粕から作る方が、簡単でお酒の

風味も残っているので好みかもしれません。

 

f:id:asamaberry:20180319150705j:plain f:id:asamaberry:20180319150754j:plain

お酒を飲めない休日の午後など、コーヒーの代わりに甘酒を頂くなんてのも

いいのではないでしょうか。

麹と米で作るのはそのまんま発酵食品。

酒粕だって発酵食品。

どっちがいいのかはわかりませんが、どっちもいいはず。

自分も年をとってきたせいか、普段の飲み物は清涼飲料よりお茶やコーヒーなどが

メインになりました。これからはそこに甘酒を加えようと思います。

 

 

すっかり春ですね!

庭の沈丁花がだいぶ花開きました。

このところ気持ち悪いくらい暖かくなったと思ったら、これが普通かなと思う

ひんやりとした陽気になったり、あたかも今まで眠っていた植物たちを揺り動かすか

のようです。人は順応するのに大変ですけどね。

f:id:asamaberry:20180318105624j:plain

沈丁花

 

私はいま花粉症で大変です。くしゃみに鼻水、目や鼻のかゆみ。

美味しいお酒も味がわかりにくくなるので、楽しみなはずの週末の晩酌が

嬉しさ半減になってしまいます。やっぱりお酒は体調がベストのときが一番

美味しくいただけますね。もうしばらくの辛抱です。

f:id:asamaberry:20180318110135j:plain  f:id:asamaberry:20180318110208j:plain

木蓮                水仙

 

庭には沈丁花の他に木蓮やクロッカス、水仙などが植えてあり、

春先に元気に花を咲かせてくれます。おかげで冬の間色気のなかった庭が

にぎやかになります。いろいろな花が咲くととても豊かな気分になりますね。

どこかに出かけたくもなります。

 

今回はお酒とは違う内容で投稿してみました。たまに趣向を変えた内容も

アップしていくつもりです。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

日本酒の人 仕事と人生

日本酒の人 仕事と人生

  • 作者: 山同敦子,廣木健司,五十嵐哲朗,?嶋一孝,今村友香,庄司隆宏,森谷康市
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2018/02/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る