読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちーの日本酒日記

自分で実際に飲んだ日本酒の紹介と諸々

ラベルでも日本酒のイメージが変わる!?

最近の日本酒はネーミングやラベルなどでも工夫がみられます。

昔からあるいかにも”日本酒~!”というものもありますが、女性を意識しているような

ものも結構でてきました。

長野の酒蔵 尾澤酒造場の「十九」もそんな感じです。

     f:id:asamaberry:20170409114502j:plain

写真は「poco a poco」

ブレーメンの音楽隊!

尾澤酒造場のこれまでの歩みを表しているそうな。

深い意味を持たせながらこのセンス!人気があるのが頷けます。

精米歩合45%の純米大吟醸生酒。

フルーティな香りと口に含んだときのプチプチ感。たまりません。

口の中でまさに音楽隊がいろいろな音を奏でているような、とても幸せな

気分になります。とても美味しくて顔がニヤけてしまいました。

他の銘柄も飲んでみたいのですが、近所でなかなか手に入らないのが難点。

この一本も、出張の帰りに東京駅構内にあるはせがわ酒店で手にいれました。

う~ん、また飲みたい。